ホーム » ガラスコーティング » アルファブラック » ザラザラのボディを鉄粉除去&細部洗浄でキレイに。ガラスコーティングでスベスベに復元!

施工事例・お客様の声

アウディ R8 にアルファブラックガラスコーティング。下地処理前後の比較写真

ザラザラのボディを鉄粉除去&細部洗浄でキレイに。ガラスコーティングでスベスベに復元!

徹底した下地処理と研磨で塗装面を最上の状態にすることで、ガラスコーティングの性能を最大限に引き出します。

施工内容 アルファブラック、樹脂パーツコーティング、ホイールコーティング、窓ガラス全面撥水コーティング、インステップコーティング、車内クリーニング
施工料金(合計) ¥155,430(税込)
車種 Audi R8
ご依頼者様 松原市 G様
悩み・ご依頼内容 キレイだと思って中古で購入しました。けれど、自分で洗車してたらザラザラしてるのが気になります。他にも気になるとこが出てきました。全部キレイにしてもらえませんか?
施工前の状況 3年前にG'zox(コーティング)を施工されてたとのことで、ツヤはあり撥水性能も若干残っていました。しかし、ザラザラとした鉄粉、ボティの継ぎ目やドアの内側の汚れ、窓のうろこ状のシミ、ホイールの汚れ、ボンネット裏の泥汚れなど、キレイにできる箇所が多くありました。

お客様の声

松原市 G様

こんなに輝くんや〜… 思ってた以上やん!
ほんま言うてたとおりやね。
(触ってみて) うわ、スベッスベやん!!
ようやく理想の状態になったわ〜。ありがとう!

ヒアリング&ガラスコーティングの決定

ご相談の上、ガラスコーティングのフルコースをご依頼いただきました。

今後の保管は鉄粉が付く心配がない環境ということで、膜厚感・硬度・耐久性のあるガラスコーティング「アルファブラック」に決定。

アルファブラックは、3〜5年耐久・撥水タイプのガラスコーティング。施工すれば、誰の目にも”ガラスコーティングをした”とわかるほどの輝きをもたらすことができます。

汚れの除去 → 研磨 → ガラスコーティングの順に施工を進めていきます。

※アルファブラックは、現在まだホームページ上でご紹介できていません(ご紹介出来ていないコーティングもいくつか扱っております)。施工前のお打合せでお話を伺い、ご依頼者さまに最適なコーティングを提案させていただきます。

付着した鉄粉を可視化&丁寧に除去

まずは、カーコーティングにおいて重要となる下地処理のプロセス。

薬剤でザラザラ(鉄粉)を可視化し、丁寧に除去していきます。

鉄粉除去剤をかける前のアウディ R8
洗車後。見た目ではザラザラがわかりませんが、鉄粉除去剤をかけると…
鉄粉のついたボンネット
鉄粉が可視化されました。同時に薬剤で鉄粉が剥がれやすくなり、強い負荷をかけずに落とせるようになります。
鉄粉除去中
一旦洗い流して、粘土掛けをすることもありますが、今回は鏡面研磨なので、追加でスムーサーを吹きかけながらこのまま粘土がけを行い、よりスピーディにキッチリと鉄粉除去を行います。

細部の気になる汚れを除去

鉄粉が除去できたら、入り組んだ箇所のこびりついた汚れを落としていきます。

細かい箇所の清掃に歯ブラシを使う業者もありますが、キズが入るので当店は使いません。酸性クリーナーでふやかした後にクロスで拭き取ってキレイにします。

継ぎ目の黒ずみ除去
入念にチェックしながら、継ぎ目の黒ずみを落としていきます。
黒ずみ除去
酸性クリーナーでふやかし、クロスで拭き取ってキレイにします。
継ぎ目の洗浄中
こういった細部のキレイさが、仕上がった時に重要なんです。
ドアの取手の汚れを落とす。
ドアの取手の中も黒ずみがたくさん。キレイにしておきましょう。
ドア内側の汚れを落とす。
ドアを開けた時に透き通るようにキレイだと、とっても気持ちいいですよね。こういうところもしっかりとキズをいれないように洗浄します。

研磨前の塗装面を徹底的にキレイに整える

鉄粉除去、細部洗浄の後に、ホイール、窓、車内クリーニング…
そして、下地処理で出た様々な汚れを洗車で洗い流し完全に拭き上げます。
ここまでで2人体制で約5時間とかなりの時間がかけています。

研磨 〜 塗装面をなめらかに慣らしツヤを生み出す

次に研磨。余計な箇所を削らないようマスキングを丁寧に施します。そして塗装状況を通常では目視できないレベルまで詳細に確認するための専用照明をセット。バフとコンパウンドを選定し研磨開始!ポリッシャーの音がファクトリー内に響き渡る時間です。

ガラスコーティング施工前、シングルポリッシャーで研磨
シングルポリッシャーでの2工程目。今回は全部で5種類の磨きを行います。
ガラスコーティング施工前、ダブルアクションポリッシャーでの研磨
ダブルアクションポリッシャーでの4工程目の研磨です。
ガラスコーティング施工前、特注ポリッシャーで研磨
このポリッシャーはよりよい仕上がりにするために、電圧をあげてトルクを増しています。
洗車後にエアーブロー
研磨後の脱脂を行った後、脱脂シャンプーにて洗車。そして、エアーブローで水を切っていきます。
洗車後の水切り
エアーをかけても垂れてこなくなるまで、何度でも拭きあげをおこないます。

こうして、コーティングを塗る準備が整いました!

ガラスコーティングを施工し完成!

研磨でなめらかになった塗装面に、ガラスコーティングを塗布していきます。塗り終わったら余剰成分を拭き取り、様々な照明や日光を当てながら入念にチェック。不備がないことを確認し、ついに完成です!

アルファガラスコーティング施工後のアウディ
全体的に明るくなりました。白の輝きが違います♪
アルファガラスコーティング施工後のアウディ 前から
ザラザラはすっかり無くなり、手触りスベスベ、ツルツルです♪
ガラスコーティング アルファブラックを樹脂部分にも施工
継ぎ目もキレイ。黒い樹脂部分にもガラスコーティングを施工しています。一層高級感が引き立ちますね♪
ガラスコーティング施工後のアウディ 後ろから
窓ガラスは油膜やうろこ状のシミを除去した上で撥水コートを施工しました。
エンジンルームクリーニング & 樹脂部分にアルファガラスコーティングを施工
エンジンルームもクリーニング。こういった箇所まで引き締まっていると、お洒落感がグッと増します。樹脂部分にはアルファガラスコーティングを施工しました。
ドアミラー周りもガラスコーティング
ドアミラー周りもこのキレイさ。細部がキレイだからこそ全体が引き締まります。
キレイになった継ぎ目 & アルファガラスコーティング
こうした継ぎ目の黒ずみが消えるだけで、キリッとした印象をもたらしてくれます。
ドア取っ手のガラスコーティング
継ぎ目をしっかりキレイにしたことで、くっきりとしたキレイさをまとうことが出来ます。
わざと残した汚れ(確認用)
わざと1箇所汚れを残していますが、わかりますか?こんなにキレイになってくると、残された汚れはとても目立ちますよね。(もちろん、ちゃんと仕上げの時に拭き取っておきました。)
ドアを開けても汚れが溜まっていない
開けたところに汚れが溜まっていないと、気持ちがいいんです♪
ボンネット裏までコーティング
この部分には、別のコーティングを施工。これだけ開くと、汚れがあると目立ってしまいますから、この部分も保護しておきます。
樹脂部分の黒っぽさを蘇らせるアルファガラスコーティング
土汚れで白っぽくしていたので、この樹脂部分にもアルファブラックでツヤの維持を可能にしました。アルファガラスコーティングはこうした樹脂部分の黒っぽさを蘇らせることができます。
窓ガラスフッ素撥水コート
ウロコもなくなり、運転しやすくなりました。水もよく弾くので、雨の日の運転が驚くほど楽になりますね。
ドアの内側にウルトラストロングコート
ドアの内側にはオススメのウルトラストロングコートで保護。ツヤ感がたまりません。
インステップコーティング
こんなドアの内側だと、経年感を感じないですよね。
ウルトラストロングコートをドアの内側に施工
ドアの内側へのコーティングは強くオススメ。汚れが固着してしまってからでは復元できる限界があるので、早いうちに施工して欲しいです。
ガラスコーティング施工後の輝き
ボディーのツヤもこの通り完璧!
ホイールにもガラスコーティング
輝きをホイールにも!足元が引き締まって見え、より高級感が高まります。汚れが付いても拭き取りしやすい。
高級車の車内清掃
車内クリーニングも徹底的に。手の届かない箇所の拭き上げ、特殊掃除機がけ、レザー専用のクリーニング、車内の脱臭・除菌、内窓拭きなどを施工。

手間をかけた分、圧倒的にキレイな仕上がりとなりました♪ 内装も外装もきれいになり、快適なカーライフをお過ごしいただけるでしょう。

ガラスコーティングの施工は
ダ・カーポにお任せください!

ハイレベルな下地処理(研磨など)をきっちりと行い、ガラスコーティングの性能を最大限に引き出します。アフターケアもお任せください。

Scroll to Top