ダ・カーポのカーケアBlog

ディーラーでコーティングをした方から受ける相談TOP5

カーディーラーでコーティングを施工された方から、悩みや相談を受けることがあります。よくあるご相談TOP5をご紹介し、その原因について説明いたします。

コーティングの施工をどこに任せるか考えた場合、ディーラーと私共のようなカーディテイリングの専門店、どちらも同じコーティングなんだから差はないだろうと思われると思います。 事実はディーラーで施工するメリットは、手っ取り早いというだけで他にはデメリットしかないと言えます。ただ、ディーラーで施工しておけば安心というイメージを強くお持ちの方であれば安心感というメリットもあるのでしょう。 ただ、ディーラーでコーティングを施工された方から、日常的に後悔の相談を受けるとこうした記事を書いておかないといけないと思いましたので、その中のTOP5をご紹介し、その原因についてご説明致します。

【5位】クレームを言って再施工してもらったが、全く変わらない。

状況

新車の時にコーティングを施工しても、洗車傷が入っていたりムラがあったりしてやり直してもらったけれども、何度やっても良くなってこない。 また、シミが出来たりして、半年後などに再施工をしてもらったら、確かに水弾きは良くなったように思うが、肝心のシミ自体は消えていないといったケースです。

原因

これは、施工するスタッフがディーラー内のスタッフであるか、外注先の業者さんが出張で施工した場合に起こるようです。どちらも施工はディーラーのブースで行うので、磨きや施工の設備も何も揃ってはいません。そんな環境下で知識のないディーラーのスタッフが施工するのはもちろん、専門業者が施工しても、技術を活かせない環境のため何度やっても同じ結果になってしまうのですから、気に入らなかったからやり直して、というのは何度やっても意味が無いことだと言えます。

【4位】メンテナンスキットを使ったら洗車傷のようなものができた。

状況

ディーラーでコーティングを施工すると必ず「メンテナンスキット」を渡されます。それを使ってご自身で洗車やメンテナンスをしてくださいというものですが、このキットを使ってキチンと施工しようとすると、始めは上手く出来たとしても繰り返していくうちに、気が付いたら塗装が傷まみれになっていたというものです。

原因

そのメンテナンスキットを見させていただくと、基本的にクロスが塗装にやさしいものではないことが多いです。また、個人の使用なので使用間隔が空いてしまい、クロスやスポンジの状態が著しく悪くなっています。 オーナーさんは「クロスなどは汚れたら買い換えてね」なんて言われていないし、1枚しか入っていないものだから、当然下回りからボンネットまで何度も同じクロスで拭いていくわけです。こうして新車を大事にケアしているつもりが傷まみれの車にしていることが多いのです。(特に黒や赤、青などの濃紺車に多いご相談です。) そんな時は塗装にやさしいマイクロファイバークロスをご自身で購入し、1〜2回使用したら新しいものと交換するといいと思います。

【3位】営業マンがコーティングについての正しい知識を持っていない。

状況

ここで最も多いのが、アフターケアはどうしたらいいのか相談しても明確な答えが得られないということです。「施工後の日々のケアはどうしたらいいの?」と聞くと「水洗いで大丈夫です」と言われたので、水を掛けて洗っていたら、シミが取れなくなったと言うのは非常に多く聞きます。また、コーティングについての説明を求めても納得いく答をもらえず、もどかしさを感じられている方がとても多いです。

原因

「水洗いでOK!」という言葉には2つの解釈があるようで、本当に水で流すだけでいいという意味のものと、泡で洗って水で洗い流すから水洗いという意味のもの… なのだそうです。 イメージが営業マンとオーナーさんの間で食い違っているのです。また、本当に水で流すだけで良くても、その後メンテナンスキットを使わなければならない場合など、営業マンからオーナーさんに説明しておかなければいけないことが非常にたくさんあると思います。 しかしディーラーは車を販売するところですので、コーティング等の専門家はいません。そうして、せっかく高い費用を払ってコーティングをしてもしっかりとした説明を受けられないまま、間違ったケアをしてしまうことになるのです。

【2位】メンテナンスキットって何?いつ使うの?

状況

「5年保証」や「5年耐久」とうたってあっても、そのためには定期的に自分でメンテナンスキットを使って洗車に加えて薬剤を塗りこんで拭きとってという大変な作業をしないと保証もしてもらえないし、耐久もしないという理不尽なシステムです。 特に、あるコーティングでは納車後1週間以内に早速メンテナンスをしないと、皮膜が完成しないどころか保証さえしてもらえなくなるとんでもないものもあります。 そして、そんな重要なものであるにもかかわらず、メンテナンスキットの説明や、そうした事実は必ずしも説明して伝えてもらえるものでもなく、証明書に小さく書いてある程度だったり、トランクの底に入れられているだけの場合もあります。(当店に来て初めてその存在に気がつく方もおられます。そして、ほとんどの方が未開封だったりします。)

原因

初回に施工しただけでは到底表面の撥水やツヤを維持するのはそもそも困難なのです。しかし、数万円の単価を頂くからには耐久年数は長くないといけない。そうして出てきたのが、保護効果を引き延ばす作業をご自身でやってもらおうという発想のメンテナンスキットです。 そのメンテナンス剤の臭いを嗅いでみて、石油のような臭がする場合、これはコーティングというよりむしろ液体WAXだろうと当店では思っています。 冷静に考えてみれば、お金を支払ってはじめに施工したコーティングの皮膜は、その効果は1年未満で落ちてしまい、その上に石油系の溶剤を自分で塗っているのですから、しっくりこない方も多いと思います。そして、そのメンテナンスについての説明をキチンとしない体質にも原因があると思われます。

【1位】半年から1年くらいしか経っていないのにシミや落ちない汚れがついた。

状況

きれいな車に乗りたいと思ってコーティングを頼んだものの、1年程で「あれ?洗車しても落ちないしみがある」「あれ?取れない汚れがついてる」ということで悩まれる方が非常に多いです。電話でのお問い合わせで「まだ2年目なんだけど〜、ディーラーでコーティングしてたんだけどね〜」・・・と失望されてからのお電話は、非常に多いご相談です。皆様実際に困られてから検索されるのでしょう。 この状況で、最も酷いケースは、それでもなおディーラーで施工したからとひどいシミなどに気づき悩みながらも5年間耐えてこられた方です。5年経ったから再施工してほしいとご依頼いただいても、もうクレーターのようになっていたり、色褪せがひどすぎて、戻せないところまで進行してしまっているのです。なので、施工後の期間が短いからであるとか、まだ保証期間内だからと思って先延ばしにしていると、修復不可能になります。癌治療ではないですが、コーティングも早期発見早期施工は重要です!

原因

高価なコーティングであってもメンテナンスなしでの効果の持続期間は半年から1年程度といえます。そして、適切なメンテナンスをすることはかなり困難な状況となるので、次第にシミが取れなくなってきます。 施工価格がたとえ数万円していても、その費用の中には、ディーラーさんが目を引く立地に大きな店舗を設けて、広告や様々なところにお金をかけて築き上げてきた信用への価格というものがあります。そのため、どうしてもコーティングだけの価格ではなくなってしまうのが実情です。一方専門店では、施工単価は素直にそれだけの価格ですから、当然価格で比較した場合の性能や品質は確実に上回ります。また、組織体の大きなディーラーは最新のコート剤を導入しようにも時間がかかりますので、仕方のない部分かもしれません。 新車を購入されるときにディーラーさんでお見積りを出してもらうと、必ずオプションのところにコーティング代が組み込まれた状態で出てきます。 そこで何も伝えないとそのままコーティングをされたり、値引き交渉の結果「コーティング代を値引きします」など値引きの候補になります。 コーティング代にはマージンも含まれているので値引きはしやすいのですから営業マンに負けて無料施工をされる方もおられます。 しかし、濃紺車で無料施工の魅惑を選択された方のお車に何度も立ち会ってきましたが、そのほとんどはシミと線傷に苦しみ、新車から半年から1年でとんでもないダメージを抱え、経年車並みの研磨と費用を要してしまうという道のりを皆様歩まれていきます。 また、ディーラーではナンバープレートやヘッドライトへのコーティングは基本的に施工してもらえません。その点、専門店ではそんなところもコーティングできるので、長い目で考えると違いがわかると思います。 ディーラーは車を販売するお店なので、コーティングのための設備は整っていません。また、塗装やコーティングに詳しい人もいないのが実情です。そのため、同じコーティングであっても専門店で施工するほうがはるかにメリットが多いのです。

このページTOPへ

前後記事&カテゴリ記事一覧

このページTOPへ