ホーム » カーケアBlog トップ » ヘッドライトクリーニング » 店舗により違う。ヘッドライトクリーニングの施工スタイル 3つのタイプ

カーケア Blog

店舗により違う。ヘッドライトクリーニングの施工スタイル 3つのタイプ

ヘッドライトクリーニングの施工スタイルは施工店によって様々ですが、大きく分けて以下の3タイプに分類できます。

  1. #400番〜#3000番の耐水ペーパーでヘッドライト表面を削り磨きこんでいくタイプ
  2. コンパウンドとシングルポリッシャーで磨きこんでいくタイプ
  3. 液剤で黄ばみを分解するタイプ

ヘッドライトが黄ばんだりカサついたり剥がれてきた場合は、2、3のやり方では対応できないです。
しっかり削ってキレイな面を出してあげて、コンパウンドできっちり磨きこんでいかないとキレイにはなりません。

参考までにそれぞれの価格帯とどんな状態なら大丈夫かも併せて提示しておきます。

  1. 8,000〜30,000円 重症化してきたりキッチリキレイにしたい時に
  2. 4,000〜8,000円 少しくすんできたり、黄ばんできた時
  3. 1,000〜3,000円 黄ばみのみが出てきた時

当店は上記すべての施工方法が可能ですが、最も効果の確実な1番の施工方法で施工しています。
ライトが点くのに、高額なユニット交換なんて、勿体なさすぎますよね。

ヘッドライトの施工は
ダ・カーポにお任せください!

ヘッドライトの黄ばみ、白いくもり、カサカサの荒れ等でお悩みの方は、ぜひ当店のヘッドライト磨き・黄ばみとりをご利用ください。

Scroll to Top