ホーム » ガラスコーティング » ウルトラストロングコート(USC) » 中古の FIAT500 (チンク) に研磨&ウルトラストロングコートを施工!

施工事例・お客様の声

フィアット500 (チンク) にガラスコーティング「USC」を施工

中古の FIAT500 (チンク) に研磨&ウルトラストロングコートを施工!

中古のフィアットをピカピカに蘇らせました!中古車を研磨・ガラスコーティングすると、見違えるほどにキレイになります。事例とともに、研磨による効果の違いなどをご紹介します。(次のBEFORE/AFTERの写真は施工前後が反対になっております。)

施工内容 ウルトラストロングコート、インステップコーティング、樹脂パーツコーティング、窓ガラス全面油膜除去&フッ素コート、ドア取っ手部分のプロテクションフィルム
施工料金(合計) ¥105,160(税込)
車種 FIAT500
ご依頼者様 大阪府和泉市 S様
悩み・ご依頼内容 今でも充分キレイに思うんだけど、大好きな車なので、もっと輝くなら輝かせたい。中古車だけど大切に乗りたい場合、どんなメニューを選べばいいの?
施工前の状況 ◯十年前のチンクに手をかけて大事に乗られているオーナーさんが、日常用にと中古購入されたFIAT500です。新旧チンク2台持ちだなんて、揺るぎない愛を感じます。車の状態とお客様のご希望から、半端ない保護効果とツヤのウルトラストロングコートを提案、ご依頼いただきました。

お客様の声

大阪府和泉市 S様

やっぱりプロは違うね〜!!

施工前のチェック

ボディ塗装面

納車後すぐでしたので、一見キレイに見えます。しかし、メタルハライド照明で照らしてみると、傷の付着や透明感が損なわれているのが一目瞭然でした。これらのダメージはコーティング前の下地処理(研磨)で回復できます。

中古の FIAT500 (チンク) にウルトラストロングコート 1

窓ガラスの油膜

窓ガラスの油膜が結構付いていますので、全面に油膜除去とフッ素コーティングを施工することにしました。油膜を落とす薬剤は粒子が荒いので、油膜除去の施工は研磨前の段階で行います(研磨の前の最終洗車の時に一緒に流してしまいたいので)。

中古の FIAT500 (チンク) にウルトラストロングコート 2

研磨前の施工(洗車、細部洗浄、鉄粉除去)

手洗い洗車後、ボディに付いた付着物を徹底除去

中古車購入の場合、納車時の塗装面の状態は販売店によって様々です。きちんとコーティングして納車する店もあれば、簡単なワックスで短期間キレイに見せているだけの店もあります。

ひどい店だと、ポリッシャー(研磨機)で磨いて、その時のコンパウンドの油分でキレイに見せているようなところもあったりします。

それらの余分な油分をこの段階で徹底的に取り除きます。

中古の FIAT500 (チンク) にウルトラストロングコート 3
高品質な手洗い洗車の後、水垢やワックス成分などをしっかりと落とします。

細部洗浄 〜 継ぎ目という継ぎ目を徹底的に!

バングル周りや様々な継ぎ目の部分に溜まった黒ずみ(スケール)を専用の洗剤でキレイにしていきます。

中古の FIAT500 (チンク) にウルトラストロングコート 4

車には継ぎ目がたくさんあります。そこに潜んでいる汚れは、施工に出されるときには馴染んでいてあまり気になりません。

しかし、キレイに仕上がってきた時に相対的に汚れた部分が目に付くようになり、非常に気になってしまうのです。なので、ピッカピカ〜にするために、継ぎ目もしっかりと洗浄します!

中古の FIAT500 (チンク) にウルトラストロングコート 5
わ〜、真っ黒になりますね。徹底的に洗いだしていきますよ〜。
中古の FIAT500 (チンク) にウルトラストロングコート 6
こういう所も、専用の薬剤をやさしい素材でこうしてふやかして、水で流してキレイにします。

鉄粉除去作業

車は様々な環境の中を走るため、塗装表面に鉄粉が付着しザラザラとしてしまっていることが多いです。

この鉄粉は洗車や油分除去では落ちません。鉄の粉が残ったまま研磨するわけにはいきませんので、この段階でしっかりと除去します。

今回はさほどひどい鉄粉ではなかったので、近年登場した鉄粉除去パッドを使用しました(ひどい場合は別の施工方法で対応します)。

中古の FIAT500 (チンク) にウルトラストロングコート 7

こうして施工した後の塗装面は本当にびっくりするくらいスベッスベになるんですよ〜♪

研磨 〜 塗装面の小傷を消し滑らかに

施工前後の状態を比較しやすくするために、マスキングしてみました。
おっと、早く磨きたくて写真を撮る前にコンパウンド付けちゃいましたね(笑)

 

中古の FIAT500 (チンク) にウルトラストロングコート 8

それでは、磨きますっ!!
今回は当店の通常研磨といって、ウールバフとウレタンバフを使って仕上げていく2工程の磨きで仕上げます。

中古の FIAT500 (チンク) にウルトラストロングコート 9

それでは、マスキングを剥がし、近くに寄って見てみましょう。
違いは歴然ですねっ!!

中古の FIAT500 (チンク) にウルトラストロングコート 10

キッチリ仕上げて、キレイになりました!
写真で見ると一目瞭然ですね♪

中古の FIAT500 (チンク) にウルトラストロングコート 11

脱脂、洗浄、そしてガラスコーティング

ここまでの施工だけでもかなりキレイになります。この状態にガラスの皮膜をコーティングすることで、半端ないツヤ感がプラスされるとともに、塗装面のキレイな状態を様々なダメージから守ってくれます。

当店おすすめのガラスコーティング「ウルトラストロングコート」施工後のツヤ感と映り込みを写真でご覧ください♪

中古の FIAT500 (チンク) にウルトラストロングコート 12

中古の FIAT500 (チンク) にウルトラストロングコート 13
後ろからも映り込みがピッカピカです!
中古の FIAT500 (チンク) にウルトラストロングコート 14
下から見ても〜
中古の FIAT500 (チンク) にウルトラストロングコート 15
上から見ても〜
中古の FIAT500 (チンク) にウルトラストロングコート 16
反対側から見ても〜
中古の FIAT500 (チンク) にウルトラストロングコート 17
継ぎ目や樹脂も〜
中古の FIAT500 (チンク) にウルトラストロングコート 18
ドアを開けたところも〜
中古の FIAT500 (チンク) にウルトラストロングコート 19
ヘッドライトだって〜
中古の FIAT500 (チンク) にウルトラストロングコート 20
始めにやった窓ガラスだって〜

全部ピッカピカに仕上がりました♪

高性能ガラスコーティング「ウルトラストロングコート」の特徴

ウルトラストロングコート(USC)は、以下のような理由からとても人気があります。

  • 圧倒的なツヤ感
    独自技術で液体ガラスが塗装面に「強く」「均一に」密着。ムラのない均一なガラス被膜は最高級の美しさ・ツヤ感を実現します。
  • 洗車で蘇る光沢感
    密着性がいいので被膜も強く、泡を使った洗車を定期的に行なうことで光沢感が長期間維持できます
  • シミができにくい
    水を弾かない性質(疎水性)なので「水滴の跡が着きにくい」「シミができにくい」。
  • 経済的なメンテナンス
    年に1度のメンテナンスでキレイを維持。高額なメンテナンス費用がかかりません

気に入っていただいている方などは、ディーラーさんでサービスで5年モノのディーラーコーティングを施工されているにもかかわらず、ウルトラストロングコートに切替えてというご依頼をされるほどです。

ウルトラストロングコートの施工はぜひ当店へ

最後に太陽の下での様子を見てみましょう。

中古の FIAT500 (チンク) にウルトラストロングコート 21

中古の FIAT500 (チンク) にウルトラストロングコート 22

こうして仕上がった状態の艶感が長く続き、塗装をしっかりと守ってくれます。シミ等のダメージを負っても、きっちりとしたメンテナンスで復元できます。効果を長く楽しめるコーティングは、お気に入りのお車に施工するコーティングとして、本当にオススメですよ!

» ウルトラストロングコート

同時にドアの取手部のひっかき傷を防ぐプロテクションフィルムの施工もご依頼いただきました。

Scroll to Top