ホーム » ガラスコーティング » USC Premium 360 » 新車時にガラスコーティング USC Premium360 を施工していたので、その後付いた擦り傷を完全に消せました!

施工事例・お客様の声

2016_03_16_landcruiserprado_usc

新車時にガラスコーティング USC Premium360 を施工していたので、その後付いた擦り傷を完全に消せました!

ガラスコーティング"USC Premium360"の新車への施工をご紹介します。その後に付いた擦り傷をキレイに消せたという事例も続けて紹介いたします。

施工内容 ウルトラストロングコート Premium360 新車コース、窓ガラス全面撥水コート、インステップコート
施工料金(合計) ¥164,780(税込)
車種 TOYOTA ランドクルーザープラド
ご依頼者様 大阪府堺市U様
悩み・ご依頼内容 新車時:ダ・カーポで施工してもらった友人の車の仕上がりを見て任せたいと思った。大事に乗りたいので、一番良いコーティングをして欲しい。 一年後:ETCバーにぶつかり傷が付いた。何とかならないでしょうか。
施工前の状況 新車時:パーツを付けるまで時間がかかったようで、その間に付いたと思われる線傷や見えにくいシミなどが確認できました。 一年後:ボンネット周りに擦り傷が多数ありました。

お客様の声

大阪府堺市U様

新車時:洗車だけで本当にキレイになるので、お手入れが本当に楽でした。ツヤが独特でとても気持ちいいです。
一年後:これだけの傷がここまでキレイになるなんて思ってませんでした。とても助かりました。修理費用が塗装見積の10分の1くらいだったのも驚きました!

パールホワイトでも容易に施工できるわけではない

本題に入る前に、まずは今回施工させていただいたお車の色が “パールホワイト” ということで、パールホワイトの車への施工についての説明からさせていただきます。

塗装トラブルに気付きにくいパールホワイト

パールホワイトは塗装が強く、キズやシミが目立ちにくいので、塗装トラブルを認識されないことが多いです。そのため、トラブルの相談も少なく、メンテナンスも簡単に思われがちです。

しかし、たとえ目立たなくても、微小傷やシミなどのダメージは経年で必ず発生します。なので、コーティング施工前に丁寧な研磨施工が必要であることは他の色の場合となんら変わりません。

塗装面のトラブルを確認しにくい分、いつも以上に注意していかないと見落としが発生するので、むしろ難しいとも言えます。

特殊照明を当てながらの慎重な施工が必要

ダ・カーポでは、しっかりと洗浄した後、目視では見えないような微小な傷をも浮かび上がらせる特殊照明を当てて磨いて、確認して・・・を繰り返し、1台1台丁寧に仕上げます。

ペーパー目(塗装後に出るポツッとしたものを取り除いた痕)やバフ目(傷を消すための研磨時に付く痕)をも見逃さず、コーティングが最良の状態で塗布できるよう、その車に合わせた下地処理を入念に行います。

【1年前】最高級ガラスコーティング「USC Premium360」を施工!

この施工は一年前にさせていただいたものです。
当店一押しのガラスコーティング ウルトラストロングコート(USC) の上位グレードである USC Premium360 を新車のランクルプラド パールホワイトに施工させていただきました。

その後、さらに上のグレード USC Premium360α が出ています。

施工前

新車のランクルプラド(パールホワイト)
新車のランクルプラド、入庫時の様子 (1年前)

“USC Premium360″は、ウルトラストロングコートのガラス含有率をさらに高め「より深いツヤ」「汚れの落ちやすさ」「防汚性能」等をさらに向上させたプレミアム・コーティング。中性洗剤で洗車するとツヤが見事によみがえるメンテナンスの簡単さもUSCならではです。

施工後

下地処理で塗装面を徹底的に滑らかに整えた上で、USC Premium360 を施工しました。
新車がより美しく輝き、硬度の高いガラス皮膜による保護性能が付加されました!
この保護性能が1年後に活きました(この後、紹介します)。

ガラスコーティング USC Premium 360 施工後
ガラス素材特有の深いツヤが付加され、新車がより美しくなりました。
ガラスコーティング USC Premium 360 施工後 2
鏡のように写り込んでいるのがご確認いただけると思います(鏡面反射)。
ガラスコーティング USC Premium 360 施工後 3
新車も微小傷が付いており、それらを除去した上でガラスコーティングを施工したので仕上がりは抜群です。

ばっちりキレイになったのを、写真でご確認いただけたと思います♪


【1年後】 ガラス被膜の保護のおかげで、擦り傷を完全に消せた!

新車時のガラスコーティング施工から1年ほど経過した頃、同じオーナー様から「ETCバーが開かず、突入して傷が付いてしまいました。どうにかなりませんか?」とご相談をいただきました。

保護性能の高いガラスコーティング施工車は、研磨で傷を消せる可能性が高いです。今回のケースもそうでした。

このUSC Premium360を施工したランクルプラドについた傷がどうなったのか、写真と共にご紹介します。

研磨前

結構広範囲に傷が付いていました。ディーラーでは「塗装で10万円オーバー」という見積りだったそうです。高い!

研磨前。ETCバーで付いた傷
研磨前。ETCバーで付いた傷が目立ちます。
研磨前。ETCバーで付いた傷 2 (全面)
フロント部もこの通り傷が目立ちます。

USC Premium 360 を施工しているのでなんとかなりそうと判断し、ポリッシャーで丁寧に磨いていきます。

ポリッシャーによる研磨で傷を消していく
ポリッシャーによる研磨で傷を消していく

研磨後

研磨完了後、同じ箇所を撮影。上記の傷が完全に消せました!ツヤもすっかり元通りです!

研磨後の塗装面
結構ひどかった傷がすっかり消え、この通りキレイに!
研磨後の傷の消えた塗装面 2
高硬度のガラス被膜が塗装面を完璧に守りました。ツヤも元通り!

保護性能の高いガラスコーティングは、塗装面のトラブルを磨くだけで解決できる可能性がある

このように、保護性能の高いガラスコーティング施工車は、磨くだけで塗装面のトラブルを解決できる可能性があります。知らないと損してしまうことも多いので覚えておいてください。

きれいをアップさせ、その状態を長く維持するウルトラストロングコート。新車へのガラスコーティングは超オススメです。新車オーナー様はぜひご相談ください。

ウルトラストロングコート以外の優れたコーティング剤も多数取り揃えております。新車オーナーの方は、ぜひ 新車へのガラスコーティング もご覧ください。

ガラスコーティングの施工は
ダ・カーポにお任せください!

ハイレベルな下地処理(研磨など)をきっちりと行い、ガラスコーティングの性能を最大限に引き出します。アフターケアもお任せください。

Scroll to Top