ホーム » ガラスコーティング » ウルトラストロングコート(USC) » 新車アテンザにガラスコーティング「USC」を施工。美観をさらに高め、耐久性をアップしました!

施工事例・お客様の声

アテンザにガラスコーティング「ウルトラストロングコート」施工前・施工後 比較写真

新車アテンザにガラスコーティング「USC」を施工。美観をさらに高め、耐久性をアップしました!

新車なら完璧キレイ?いいえ、実は違うんです。たいていの新車には傷が付いており、研磨で美観アップが期待できます。 今回は、新車のアテンザに「ウルトラストロングコート 新車コース」を施工させていただきました。

施工内容 ウルトラストロングコート
施工料金(合計) ¥95,700(税込)
車種 マツダ アテンザ
ご依頼者様 大阪府羽曳野市 M様
悩み・ご依頼内容 残価設定型で新車を購入しました。友人がダ・カーポさんで施工してもらったのを見ており、自分も同じ施工をして欲しい。3年しか乗らない予定なので、今回はボディのみでお願いします(ドア内側やホイールは不要)。
施工前の状況 より良い状態で施工して欲しいとのことで、納車されてそのままダ・カーポにご入庫いただきました。施工ブースでボディチェックすると、拭き傷やバフ目などが全体にびっしり付いていました。(新車といえども当たり前に付いていますので、今回が特別酷いというわけではありません。)

お客様の声

大阪府羽曳野市 M様

新車がさらに新車になるんですね!
これですよ!この感動をしたかったんです。ありがとう!!
3年後もキレイやったら、今度は長く乗れる車探すかもしれないです(笑)

新車といえど、傷が付いていることが当たり前なんです。

新車は「全くの無傷で完璧な状態」と思われる方が多いと思います。しかし、実際は輸送時や保管時に、どうしても小傷が付いてしまい、塗装面に軽微ですがダメージを負っていることがほとんどなんです。

微細傷の付いた新車 (ガラスコーティング前)
【施工前】納車された新車をそのままご入庫いただきましたが、写真のような拭き傷が。大体どの新車でもこのようになっていることが多いです。
微細傷を研磨で除去した塗装面 (ガラスコーティング後)
【施工後】研磨で下地のトラブルを解決。拭き傷も消えました。これで、ガラスコーティングがしっかりと密着するようになるんです。

汚れを落とし、研磨で微細傷をも消す

ダ・カーポのガラスコーティング(新車コース)では、新車の微細傷をも研磨で消し、塗装面をツルツルなめらかな状態にしてからコーティングを施工します。今回も、やはりダメージがありましたので、研磨からの工程です。

研磨はそのままでは目視できないような微細な傷をも浮かび上がらせる特殊な照明を当てながら行うため、新車に潜む塗装トラブル(ブツ取り後のペーパーキズやバフ目、ぼかし跡など)を見逃しません。

また、特殊な研磨システムで各メーカーの塗装性質に合わせた磨きを行い、ガラスコーティングがしっかり定着する下地を作り出します。

ウルトラストロングコートの新車では、2〜4工程の研磨を行います
研磨後、残ったコンパウンドの油分を除去します。脱脂シャンプーで洗浄し、ボイラーで沸かしたお湯で高圧洗浄を行うことで、しっかりと脱脂します。

これで、塗装面の傷は消えてツルツルの状態になりました。この状態の塗装面上にガラスコーティングを施工することで、パフォーマンスを最大限に引き出します。

ガラスコーティング施工後をご覧ください!

新車であっても、研磨とガラスコーディングでツヤ感がグンとアップします。

また、ウルトラストロングコートのガラス被膜が強力に保護。美観を長持ちさせ、塗装面をダメージから保護します。今回の施工後の写真をご覧ください!

ガラスコーティング「ウルトラストロングコート」施工後のアテンザ1
ガラスコーティング「ウルトラストロングコート」施工後のアテンザ3
ガラスコーティング「ウルトラストロングコート」施工後のアテンザ5
ガラスコーティング「ウルトラストロングコート」施工後のアテンザ6
ガラスコーティング「ウルトラストロングコート」施工後のアテンザ7
ガラスコーティング「ウルトラストロングコート」施工後のアテンザ4
ガラスコーティング「ウルトラストロングコート」施工後のアテンザ2

新車にもメリットが大きい高性能ガラスコーティング。新車を購入予定の型や、購入直後の方はぜひダ・カーポにご相談ください。

ガラスコーティングの施工は
ダ・カーポにお任せください!

ハイレベルな下地処理(研磨など)をきっちりと行い、ガラスコーティングの性能を最大限に引き出します。アフターケアもお任せください。

Scroll to Top